スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ふぁんしーとは何か  

21世紀日本。世の中にはファンシーやカワイイがあふれている。
どこに行ってもご当地キティはあふれ、ゆるキャラたちはこの世を謳歌している。

しかしそれはプロのつくった商売のためのもの。謂わばビジネスファンシーだ。
ファンシーを好む人たちに向けて、的確なマーケティングのもと放たれた商品にすぎない。

元来、人間は根源的に可愛らしいものを愛するように出来あがっているらしい。
自らの子供を大切に扱うように、愛情を注げるように、本能が可愛いものを愛でさせる。

ファンシーなものが欲しい。ファンシーなものを集めたい。
その気持ちは、ファンシーのプロが作ったファンシーの作品を欲し、集めるだけでは満たされなくなる。

そして無意識に心の内なるファンシーは表出する。
決して垢抜けた形ではなく、むき出しの、心の赴くままのファンシーとして。

そのような無意識に染み出したファンシーのことを、私は「ふぁんしー」と呼ぶ。
平仮名で「ふぁんしー」だ。

kitty.jpgex002.jpg


ファンシーとふぁんしーの関係は、アートとアウトサイダーアートの関係にも似る。
確信犯的に作られたアートも素晴らしいが、アート市場などというものも露ほども意識しないアウトサイダーアートのパワーは、ときに人を圧倒する。

衝動としか言いようのない表現欲で、今日もすばらしい作品を生みだす人がいる。

ふぁんしーもまた然りだ。
市井の人が、看板を書くとき、張り紙を作るとき、心の内なるふぁんしーが忍び込む。
その衝動にはあらがえない。その結果、妙なオリジナルキャラが描かれたりする。

一方で、そのようなふぁんしーなものを蛇蝎のごとく忌み嫌う人々もいる。
ふぁんしーから逃れ、ふぁんしーでないものを盲目的に求める層が確実に存在する。

ただ、それとてふぁんしーを意識した結果である。人はだれしもが心の中にふぁんしーを持っている。
それを受け入れるか、あらがうか。見ないふりをするか、向き合うか。
社会生活の中で、意識的に、あるいは無意識にその選択をしている。

このサイトは、ふぁんしーの衝動が具現化した事例を研究するとともに、我々の生まれてから死ぬまでのライフサイクルにおけるふぁんしーとの関わりについて考察することを目的とする。

深遠なるふぁんしーの世界へようこそ。

スポンサーサイト

category: ふぁんしーとは何か

tb: --   cm: --

KPOP症例 007  

どんなに薄墨色を使っていても、ポップ体で「訃報」と書いてる時点で弔意台無しである。たぶんこれを作った人は喪中葉書もポップ体だ。

kpop007.jpg
(投稿者:岡山県 野村さん)



category: KPOP(空気読まぬPOP体)

tb: --   cm: --

はぁと 症例 005  


口調からすればこれは「怒り」に分類される張り紙のはずである。しかし、最後にどうしてもハートをつけたくなってしまったのであろう。全く怒りが伝わらない。所謂いやよいやよも好きのうちの心境だろうか。

heart005.jpg



category: はぁと

tb: --   cm: --

はぁと 症例 004  


大手コンビニの前にあった看板である。コンビニは基本マニュアル通りに宣伝すればよいのだが、時折店主の自由裁量でこのような看板が置かれる。するとこういうことになる。どれだけ愛をこめられても、正直このおでんはまずそうだ。あと右の方にエビフライ入ってないか。

heart004.jpg


category: はぁと

tb: --   cm: --

はぁと 症例 003  


いろいろと突っ込みどころがあるが、とりあえずハート型の窓に本気を感じた。

heart003.jpg


category: はぁと

tb: --   cm: --

はぁと 症例 002  


わかりづらいかもしれないが、このハートの目は、わざわざ紙で貼ってある。工事現場のごつい作業員の内なるふぁんしーが誰かれ構わず愛を振りまくカエルを誕生させた。

heart002.jpg



category: はぁと

tb: --   cm: --

はぁと 症例 001  


ハートをつけたい衝動はどんな場面でも訪れる。たとえハートをつける対象が「あこう鯛粕漬」であってもだ。

heart001.jpg


category: はぁと

tb: --   cm: --

はぁと  


何かとハートを使ってしまう症状。

愛の押し売りは、ときに、愛してくれないよりつらいことをご存知だろうか。

heart000.jpg



category: はぁと

tb: --   cm: --

KPOP症例 006  


いかがわしい店の看板である。十年以上前の映画「マトリックス」を今になってフィーチャーする妥当性はともかくとして、後から付け加えられた「ピュア」は何なのだろう。ポップ体で「ピュア」って付けておけば、いかがわしさが軽減されるかと言われればそれは否である。

kpop006.jpg


category: KPOP(空気読まぬPOP体)

tb: --   cm: --

KPOP症例 005  


もはや不謹慎である。「葬」という字の真ん中の「死」も躍りあがってしまっている。生き返りそうな躍動感だ。

kpop005.jpg


category: KPOP(空気読まぬPOP体)

tb: --   cm: --

KPOP症例 004  


空き巣発生が、町内会の祭りのような雰囲気になってしまっている。日本語の読めない外国人に、これは何の感情を表したポスターかと聞けば100人中100人が「楽しい」と答えるだろう。

kpop004.jpg


category: KPOP(空気読まぬPOP体)

tb: --   cm: --

KPOP症例 003  


胃がん検診が、こんな大安売り感のあるポスターでよいのだろうか。あと、それ以前に胃にしゃべらせるのは結構斬新だと思った。

kpop003.jpg


category: KPOP(空気読まぬPOP体)

tb: --   cm: --

de a la mode 症例 002  


農業はふぁんしーが入り込みやすい産業である。そこは別に「de」じゃなくても、最後ダジャレで「菜」にしなくても、そんな意見はぬるい都会でしか通用しない。

deala002.jpg

category: de a la mode

tb: --   cm: --

de a la mode 症例 001  


最初にいったように「de」はフランス語では「ドゥ」に近い読みであるが、ここでは最早そんなことは一切関係なく「デ」としてそこに存在する。「らいす」が平仮名だったり、いろんな意味でふぁんしー度が高い物件である。

deala001.jpg


category: de a la mode

tb: --   cm: --

de a la mode  


「de」とか「a la」とかをつけてしまう症状。

「de」は「デ」じゃなくてどちらかというと「ドゥ」と読むとか、「a la mode」が「流行の、洗練された」という意味を持つとか、そんなことはまったく関係なく、ただただそれを入れてしまう。

deala000.jpg

category: de a la mode

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 007  


関東近県の方はもう見慣れてしまったかもしれないかもしれないが、他地域の人からみるとこの店名がイオングループの展開する都市型スーパーの名前だというのは信じがたいのではないだろうか。
何せかんせ「まいばすけっと」である。これが今関東には数百の単位で店舗展開している。最早ふぁんしーのパンデミックと言ってもよい。

hiraganize008.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 006  


品川水族館のほど近くにあるこの店。

この世でもっとも平仮名が似つかわしくない単語は、もしかしたら「マグマ」かもしれないと思うほど絶妙な単語チョイスである。
お店のHPでも『是非「まぐま」へお越しください♪』と語尾に音符をつけるポップなノリだが、軽いノリにすればするほど、違和感は増していくばかり。

hiraganize006.jpg

category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 005  


店内をのぞくと少し気難しそうな初老の男性が懸命にアイロンをかけていた。この看板を平仮名にしたのは、彼の内なるふぁんしーがそうさせたのだろうか。

hiraganize005.jpg

category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 004  

「ふらわー」ではなく、ちゃんと「ふらわぁ」になるところ、ひじょうにふぁんしー度の高さを感じさせる。
さすが平仮名市町村名のさいたまである。

hiraganize004.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 003  


途中から平仮名にしたせいで、何だか外人の噺家みたいになっている。たぶん女流で二つ目あたり。来日6年目のフランス人。

hiraganize003.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 002  


願わくば「珈琲」も「こぉひぃ」にして欲しかった。

hiraganize002.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

KPOP症例 002  

けいおん!くらいのノリである。

kpop002.jpg


category: KPOP(空気読まぬPOP体)

tb: --   cm: --

KPOP症例 001  


うさぎの絵といい、フォントといい、まったく警告する気が感じられない。
コインランドリーは全般的に緊張感の無い空間だが、これはその中でも白眉である。

kpop001.jpg


category: KPOP(空気読まぬPOP体)

tb: --   cm: --

KPOP(空気読まぬPOP体)  

深刻な内容にも関わらず、空気を読まずポップ体を使ってしまう症状。

Windowsに標準で入っている創英角ポップ体は、本来、売り場の手書きPOPのためのフォントだが、単に目立たせるためのフォントと勘違いしている人が多く、多数の悲喜劇を産んでいる。

kpop000.jpg


category: KPOP(空気読まぬPOP体)

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 001  


ひらがないずの典型例。言葉のチョイスも含めて満点といえる。

hiraganize001.jpg



category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず  

カタカナ、漢字、英語でよいところを、平仮名にしてしまう症状。
伸ばすところを「ぁぃぅぇぉ」にしてしまうのも特徴。

「Perfume」がかつて「ぱふゅ~む」であったのは角数で決めたと謂われているが、恐らくふぁんしーな人が名づけたのだと思う。

hiraganize000.gif


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

はじめに  

よく知られていることだが、人間にはさまざまなものが寄生している。
腸内に棲み、宿主である人間と共生する腸内細菌をはじめ、多くのものたちが人間の中に生きている。

しかし、人間にはもうひとつ、社会生活や人間関係に大きく影響を与える重要な「もの」が寄生していることを、ご存じか。

たとえば、あなたは「いつもマニュアルどおりの装飾しかないコンビニで、明らかに手書きで書かれた妙に可愛らしいポップ」を見たことがあるだろう。

あるいは、「激しい警告口調なのに、フォントがポップ体の看板」を見たことがあるだろう。

それらは人間に巣くう魔物が表出したものである。
無意識に表出するその魔物のことをわたしは「ふぁんしー」と呼ぶ。

馬鹿にすることなかれ、ふぁんしーは誰の体内にも潜む。
近所のおばさんにはもちろんのこと、その辺に歩いているけったいなおっさんの体内にもふぁんしーは忍び込んでいる。いや、寧ろけったいなおっさんほど、ふぁんしーの餌食であったりする。

かくいう私の体の中にもふぁんしーは確実に入り込んでいる。
それは自分の実家の棚にはびこる壮大なまでの捨てられぬふぁんしーグッズを見ればわかる。

もしかしたら、年齢を重ね、気力が衰えはじめたときにふぁんしーはあなたの体をむしばむかもしれない。
あるいは、もっと若いころでも仕事に疲れたり、恋に破れたりしたときに、そのすきをふぁんしーは狙っているかもしれない。

このブログは人間の、とくに日本人の中に色濃く潜む「ふぁんしー」を研究することを目的とする。
これを読んで、今一度、自分の心の内なるふぁんしーのことを考えていただきたい。



category: はじめに

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。