スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ひらがないず  

カタカナ、漢字、英語でよいところを、平仮名にしてしまう症状。
伸ばすところを「ぁぃぅぇぉ」にしてしまうのも特徴。

「Perfume」がかつて「ぱふゅ~む」であったのは角数で決めたと謂われているが、恐らくふぁんしーな人が名づけたのだと思う。

hiraganize000.gif


スポンサーサイト

category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 001  


ひらがないずの典型例。言葉のチョイスも含めて満点といえる。

hiraganize001.jpg



category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 002  


願わくば「珈琲」も「こぉひぃ」にして欲しかった。

hiraganize002.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 003  


途中から平仮名にしたせいで、何だか外人の噺家みたいになっている。たぶん女流で二つ目あたり。来日6年目のフランス人。

hiraganize003.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 004  

「ふらわー」ではなく、ちゃんと「ふらわぁ」になるところ、ひじょうにふぁんしー度の高さを感じさせる。
さすが平仮名市町村名のさいたまである。

hiraganize004.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 005  


店内をのぞくと少し気難しそうな初老の男性が懸命にアイロンをかけていた。この看板を平仮名にしたのは、彼の内なるふぁんしーがそうさせたのだろうか。

hiraganize005.jpg

category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 006  


品川水族館のほど近くにあるこの店。

この世でもっとも平仮名が似つかわしくない単語は、もしかしたら「マグマ」かもしれないと思うほど絶妙な単語チョイスである。
お店のHPでも『是非「まぐま」へお越しください♪』と語尾に音符をつけるポップなノリだが、軽いノリにすればするほど、違和感は増していくばかり。

hiraganize006.jpg

category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 007  


関東近県の方はもう見慣れてしまったかもしれないかもしれないが、他地域の人からみるとこの店名がイオングループの展開する都市型スーパーの名前だというのは信じがたいのではないだろうか。
何せかんせ「まいばすけっと」である。これが今関東には数百の単位で店舗展開している。最早ふぁんしーのパンデミックと言ってもよい。

hiraganize008.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 008  


このようにハンパに漢字をまぜるのもふぁんしー度が増して良い。
たぶんここの岩盤浴に行くことで「利」は得られるのだろうが、どうしてもここに入る気になれない。

hiraganize012.jpg

category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 009  


たぶん、パッションのことを言ってるのだと思う。
しかしひらがなにするときに、その情熱は抜け切り、ぱしょんで何となくいいような気がしてくる。

hiraganize013.jpg


category: ひらがないず

tb: --   cm: --

ひらがないず症例 010  


「ミルフィーユ」でいいはずである。
しかし店主は「ミ」を書きだし、「ル」でさんざん遊び、「フィー」で煩悶したあげく最後に「ゆ」ときた。
前衛的な書道を観ているようなもやもやした気持ちである。

hiraganize016.jpg

category: ひらがないず

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。